なぞなぞライオン |佐々木 マキ

なぞなぞライオンなぞなぞライオン
佐々木 マキ
理論社 刊
発売日 1997-02



3話とも賢い女の子の勝利! 2005-02-19
2歳の子供のお気に入りです♪開いたページ毎にさし絵がありますので小さい子でも退屈しませんし、しかも3話入りとお買い得(^^)女の子が山できのこを取ったり、洗濯をしてたりしてる時に出会う自己中心的な動物とのやりとりが面白くてたまりません。「なぞなぞライオン」はズルいライオンに食べられそうなところをなぞなぞで勝負!
「ヘビははやくち」も食べられそうなところを早口で勝負!
「しりとりなサイ」は細い山道を決して譲らないサイとしりとりで勝負!結局女の子が勝ってしまうので、小さな読者にとっても小気味いい終わり方だと思います。

なぞなぞ勝負 2003-03-26
女の子が森や山で出会ったライオンやへびやサイになぞなぞや早口ことば、しりとりで勝負を挑んで「食べられちゃう」危機を脱するお話です。子どもがお友達に借りて全部読んでしまったのに買ってくれとせがんできた本です。
そんなに面白いのかと読んでみましたが、確かに子どもはこういうの大好きかもしれません。なぞなぞのオチはかなり面白い、笑えました。
誰かに出してみたくなります。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by nazo at 17:27 | なぞなぞ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。